あなたは何色?4人に1人を識別する遺伝子レベルのカラーテストを公開!

この記事をたくさんの方に読んで欲しいです。ぜひシェアをよろしくお願いします。

あなたは何色?4人に1人を識別する遺伝子レベルのカラーテストを公開!

ネット上で話題になってるこの画像。
この画像はDiana DervalさんがSNSにて投稿して話題となっている遺伝子レベルのカラーテストです。
人によって見えるカラーの数が違うそうです。

あなたは何色に見えますか?


スポンサーリンク

見えた色が20色以下の人は


あなたは二色型色覚タイプです。
2種類のすいたい細胞を持っていて、暗めの色を選ぶ傾向があります。服装では黒やベージュなどの好む方に多いです。
4人に1人がこのタイプで赤や緑の認識が少し難しいと言われています。

見えた色が20〜32色の人は


あなたは三色型色覚タイプです。
3種類のすいたい細胞を持っていて、平均的な色はすべて見ることができ100万色ほど認識ができると言われています。

見えたの色が33〜38色の人は


あなたは四色型色覚タイプです。
4種類のすいたい細胞を持っていて、青、緑、赤に加えて、黄にも反応するすいたい細胞のおかげで黄色をあまり好みません。
このタイプの方は服装で黄色は持たない傾向にあります。
人口の25%がこのタイプで認識できる色は何と1億色以上と言われています。
スポンサーリンク

見えた色が39色の人は


この画像のすべての色、39色見えた方は、すごい色彩能力に長けたタイプです。
1億以上の色を判別することができ通常の色見本にもないような人間では識別できない色も見ることができると言われています。

source:https://www.linkedin.com/pulse/25-people-have-4th-cone-see-colors-p-prof-diana-derval


まとめ


どうでしたか?
あなたは何色に見えましたか?
私はテストすると35色でした。

思春期の頃に何でも透けて見える目が欲しい・・・と思っていた夢がそろそろかないそうなのかもしれません。
(*^q^*)

[amazonjs asin=”4537212667″ locale=”JP” title=”骨格診断®とパーソナルカラー診断で見つける似合う服の法則”]

The following two tabs change content below.
生まれつきの進行性脊髄性筋萎縮症で車イス生活をしています。進行性脊髄性筋萎縮症とは全身の筋肉が日々衰えていく難病です。 自分の言葉や想いを文字にし、ブログで独自の世界観を表現していきます。 詳細は→プロフィール
スポンサーリンク