謝花 勇武一覧

「私が死んだらこの子はどうなるの?」難病の子を持つ親の悲痛の叫び

ブログを書いたり講演を行っているといろんな方から質問を頂きます。そんな中私と同じような難病を持ったお母さんから「私が死んだらこの難病の子はどうなるの?」と心の叫びのような質問を受けた事があります。そこで返答した言葉は本当によかったのだろうか?今でも自分で自問自答しています。その難病の子を持つ親に返した言葉とは?

東京でのライブが決まった!ブログで呼びかけたら東京でライブが…謝花勇武東京遠征の道!

前回ブログ記事で書いた東京への遠征。まだ一件しかライブが決まってなくてたくさんの方に呼びかけしたところ本当にたくさんの問い合わせを頂きました。そして今回ある居酒屋でライブが決まりました。それも私とすごく共通点があります。その居酒屋とは?

私がブログで難病や脊髄性筋萎縮症を何度も使う理由とは

私はブログでは何度も難病や障害者や脊髄性筋萎縮症という言葉が出てきます。はじめ見た方には同情買うようなそれで人の目を引くようなそんなブログだと誤解されがちです。でもそんな言葉を使うのにはきちんとわけがあります。私がブログで障害者や難病を何度も書くその理由とは

急に言葉を書きたくなったので書いてみた。20年ぶりに筆を持って書いた言葉とは・・・

脊髄性筋萎縮症の私が20年ぶりに文字を書きました。筋肉がどんどん衰えていく難病のため20年前から筆がもたなくなり文字を書くことができませんでした。ですがすべてに諦めたくなく何かいい方法はないかと考えついた方法とは?そして初めに変えたその言葉とは?

あいさつは現実を変える!嫌がらせが私だけなかったのはあいさつのおかげ?!

今から15年以上前のこと私の住んでいたアパートで警察ざたになるくらい嫌がらせのスゴイ住民がいました。その方の嫌がらせは日々エスカレートしてしまいには直接被害が及ぶほど本当に酷いものでした。ですが私だけその被害がなかったのです。それは・・・

ブログを書くこと、言葉を並べるということは本当の自分と向き合うということ

しょうもない綺麗な言葉だけを並べてブログを書くことをやめたい・・・。常に誰か味方を作るように褒められたいだとか賞賛されたい事を目的にブログを書くことは本当にダサいこと。本当の自分の中から出てくる言葉だけを並べたい。その中に本当の幸せだとか生き方のヒントがあるのだと信じている。

犬と仲良くなりすぎて後悔した話

今でもずっと心に引っかかっている話です。夜の散歩で出会った1匹のワンコ。名前はポチ。車イスの私に常に優しく接してくれて相手をしてくれた。そのポチを苦しめたのはもしかしたら僕なのかもしれない・・・。あの頃に戻ってやり直したい。

スポンサーリンク