自分を責めることをやめたい。自分を責め続けた過去とは

この記事をたくさんの方に読んで欲しいです。ぜひシェアをよろしくお願いします。

blame-myself
どうしていつも自分はダメなんだろう・・・
何をやっても失敗ばかり・・・

誰かから悪口を言われたり、何かで仲間はずれにされたりすることよりも
何よりも辛いのが自分で自分を責めること

何よりも簡単で誰かを傷つける事なく、
それでいてダメな自分を責めるだけで、それだけで物事が解決してしまう。

それがどんなに辛いことか・・・
どんなに苦しいことか・・・

スポンサーリンク

自分を責めることをやめたい


すべてに自信がなくすべてやることなすことが失敗だらけで・・・

いつも誰かにみられてるようで、
いつも誰かに馬鹿にされているようで

常に何かに怯え
常に自分が嫌いだった

自分を責めることが一番の正解で
自分を責めることで痛い気持ちが湧き出てきて
その痛い気持ちが生きてる証拠と思っていた。

自分を責め続けてきた過去


5年前までは毎日ダメな私との戦いでした。

何をするにも上手くいかず、何をしても「やっぱり私はダメなんだ」とネガティブな感情しか生まれませんでした。

すべてを自身のせいにして常に自身を責め続け、どんな人からのポジティブな言葉も私の心までは届きませんでした。

毎日がいつも嫌で
1日1日がいつも辛く
未来に希望など何も見えてきませんでした。

不思議なことに自分を責めたりネガティブな感情のまま毎日を過ごすと、すべてが嫌な方向へと転がっていきます。

自信のない私がバレたくないために誰とも合わなくなり、
誰とも合わなくなると気持ちが下がりさらにネガティブになり
感情の行き場が無くなるとすべてが敵か味方かを判断するようなとてもダサい思考が私を包み込むのです。
スポンサーリンク

悪いのはすべて私だ


「悪いのはすべて私だ」


そう思うことが一番の解決方法でした。
大切な家族も大切な友達も大切な人の気持ちも考えずにひたすら私だけを責め続け、傷つけ、涙が出ないほど心を傷つけていました。

自分を責めることに慣れてしまうと


自分を責めることはとても楽なことです。
それですべてが解決したような感覚があり、他人を間に挟まない誰も傷つけない解決方法だと思っていました。
「私だけが我慢すればいい」
「私以外のすべての人が幸せのままでいい」と気持ち的にはとても楽なのです。

楽と傷つけないは一緒ではない


そうやって楽な解決方法に逃げてしまうことはとても怖いことです。
責めるという行動の果てにはやはり心を傷つき心を痛める人が必ず現れるのです。

自分を責めるということは、私自身が傷つき心を痛めてしまうのです。

そして、自身の心を切り裂き自分の自信を粉々に砕いていきます。
それでも私だけが我慢すればすべてがうまくいくと信じてしまって、毎日毎日自らを傷付けてしまうのです。

傷つけている犯人がわからない


例えば、誰かにいじめられている
誰かに愚痴を言われている
誰かに責められている場合だと
その誰かを悪者にするだとかストレスの行き場をまだ作りやすいのです。

ですが、自ら自分を責めると
誰を悪者にしていいのか?誰が悪なのか?ストレスの行き場がどこにもないのです。

傷つけている犯人がわからないまま
また今日も責めてそしてまた明日も責めてと行き場がないままそれを繰り返してしまうのです。

犯人が同居をしている


自らを責めるという行動の中に「責める側」と「責められる側」が同居してしまうことが何よりも怖いのです。
誰に傷つけられてるのか?そして誰が傷ついているのか?わからないままで、
気づいた時には心がボロボロで取り返しのつかないことになってしまっているのです。

すべてを捨ててしまえばいい


疲れました。
すべてにおいて疲れました。

人の顔色を伺うことも
自分自身のダメさを見つけることも
自分の中の才能のなさをアピールすることも
すべてにおいて疲れました。

すべてヤケクソになり
すべてを投げ捨てました。

すべてヤケクソになると
なぜか自分自身が軽くなって
少しだけ落ち着いて微笑むことができるようになりました

何か訳のわからないプライドが自分の肩に重くのしかかっていたのかもしれません。
誰かから評価を得たいというつまらない考えが余計に自分も不自由にさせていたのかもしれません。
自分自身を許せないことが同じように他人を許せない狭い世界で生きていたのかもしれません。

自分を責めるのはもうやめよう


すべては自分がここに存ることに感謝するだけでいいのだ。
何かを成し遂げないといけないと不自由を作っていたのかもしれない。

自分を責めないことが他人を責めないことに繋がり
自分を許すことが他人を許すことになり
自分を好きになることが他人をさらに好きになることになり
他人を好きになるとさらにはこんな私でも大切にしてくれる人が現れるのです。

愛して欲しい あなた自身を

愛して欲しい 自分自身を

The following two tabs change content below.
生まれつきの進行性脊髄性筋萎縮症で車イス生活をしています。進行性脊髄性筋萎縮症とは全身の筋肉が日々衰えていく難病です。 自分の言葉や想いを文字にし、ブログで独自の世界観を表現していきます。 詳細は→プロフィール
スポンサーリンク