常識や世間体にとらわれて自分らしさを失わないでください

この記事をたくさんの方に読んで欲しいです。ぜひシェアをよろしくお願いします。


毎日を生きていく上で、人間関係や社会生活を円滑にすることはとても大切なことです。
その中で常識に沿うことやいわば空気を読むことが暗黙の了解になってきています。
確かに会社に出勤する際にパジャマできたり、真面目な会議の際に下ネタを言ったりするとそれはよくありません。
ですが、すべて空気を読みすべて従うことが果たして良いことなのでしょうか?

常識や世間体にとらわれてあなたらしさや自分らしさを失ってはいませんか?

スポンサーリンク

空気が読めないことがいけない?


KY(空気読めない)という言葉が現代には浸透していています。
空気が読めないという独特の表現は他の外国ではない日本独自の表現です。
空気を読むことは私自身ももちろん必要だと思います。
場所やその時々の状況によって、空気を読むことはとても大切だしそれこそが日本の美学としても伝えていく部分だと思います。
ですがすべてがすべてに当てはまる事ではなく、一般的な会話や日常のコミュニケーションでも雰囲気を悪くする=空気が読めないとすぐにネガティブ方向でその言葉で表現したりします。

正しい間違いが常識で判断される


さらには、コミュニケーションの中で「正しい」「間違い」を常識だけで判断する場面も多くなってきてるのではないでしょうか?
もちろん常識は必要ですし、常識から外れた場合に周りの人や他の人を不快にする場面はやはりきちんと常識を守ることが大切です。

ですが考え方やその時の行動などで「正しい」「間違い」を判断する材料として常識を持ち出すのは違うと思っています。

それは以前記事にも書きましたが、自分個人の正義のために常識という武器を持った状態だと思うのです。



自分らしさが失われていく

スポンサーリンク

そんな空気が読めないこと、常識で正しいや間違いを判断されることで、現代では自分らしさを押しころして生活しなくてはならないような状況になっていきます。
自分の意見や自分の考えは二の次で空気を読むこと、常識そった何も波風をたてない生き方が正しい生き方と勘違いしてしまうような状況なのです。
そうやって自分らしさを押しこして我慢していくうちに本当の自分らしさを失って自分の意見や考えがわからなくなってしまいます。

空気が常に読めるように自分の考えや気持ちを押しころし、すべてに「YES」と言えるようにする。

自分のものさしを捨て、判断する最優先条件が自分ではなく一般常識。

そんな生活を続けていくと本来備わっている自分らしさがどんどん薄れてドンドン見えなくなってしまうのです。

自分らしさが無くなると


現代社会では自分らしさを無くした方がたくさんいます。

自分らしさが無くなると「常識こそが自分の考え」だと思い込む方がいます。
そのような方は、正しい・間違いに常に敏感で、すべてのものを正しい・間違いで判断しようとします。
すべてのことを正しい間違いで判断することが基準となると、すべての領域に踏み込み他人の生き方まで正しさや間違いを求めて口を出すようになります。
そうなると怖いもので、怒りという便利なツールで他人をコントロールしようとしてしまうのです。



自分らしさを無くしすぎて


さらには自分らしさを無くしすぎると「自分は何がしたいのかわからない」という方がいらっしゃいます。

こんなにたくさんのインターネットや職業やたくさんの場所が整備された日本の中で、「自分のやりたいことがわからない」というのは本当にもったいないことです。
私謝花なんかやりたい事がありすぎて何から進めていいのか?いつも頭がパンクしそうです。

自分らしさを無くしすぎてやりたいことが見つからない、何をしていいのかわからない、誰かの指示のもとじゃないと行動や生活ができなくなってしまった・・・。

そこまでになると人間にとって大切な心も感情も愛情もだんだんと薄れていくのです。
その人間にとって大切なものが薄れると愛されることも愛することもわからない状態なってしまいます。

それはとてもイヤです。

自分らしさとは


自分らしさとは空気を読むことでもなく常識で判断されることでもなく、自分が自分で考えることではないでしょうか?
自分が自分で考えることは、正しいかもしれないし間違ってるかもしれない、でもそれでいいんです。

きっと考えることに正しいも間違いもありません。
きっとあなたの意見に正しいも間違いもないのです。

あなたの考えた事そしてあなたの出した意見があなたなりの魅力になりステキさや愛らしさに変わっていくのではないでしょうか?

あなたはあなたの自分らしさを持ってください。

誰かの考えた事ではなく、誰かの出した意見でもなく、空気を読んですべてにイエスと答えるのではなく、常識というつまらないレールに沿うのではなく、あなたが導き出した答えがあなたの人生の道しるべになるのです。

あなたはあなたの自分らしさを持ってください。

The following two tabs change content below.
生まれつきの進行性脊髄性筋萎縮症で車イス生活をしています。進行性脊髄性筋萎縮症とは全身の筋肉が日々衰えていく難病です。 自分の言葉や想いを文字にし、ブログで独自の世界観を表現していきます。 詳細は→プロフィール
スポンサーリンク