金柑ビネガードリンクを作ってみたよ

この記事をたくさんの方に読んで欲しいです。ぜひシェアをよろしくお願いします。

キンカンビネガードリンク
お酢が体に良いと風の噂で聞いたので金柑ビネガードリンクを作ってみました。
ヘルパーさんの間では以前、梅をらっきょう酢につけて「梅酢」を作るのがかなりのブームだったのですが・・・今は誰も作っていません。

その時に梅酢をサイダー割をして飲んだとき、とても美味しかったのでいつか自分で作ってみようと思っていました。

スポンサーリンク

なぜ、金柑ビネガードリンク?

フルーツのビネガードリンクを作ろうとは思っていたのですが、初めから金柑とは決めてはいませんでした。
旬の果物を買ってきて作ろうと思い、スーパーに行きました。

すると、旬のいちごが所狭しと並べられて「私が旬です」という顔でこっちを見ていました。

初めて作るフルーツビネガードリンクで高級ないちごを使うのはなぁ・・・
でも、旬の果物で作ると決めたから「買うぞ」と自分で気合いを入れていたら、果物コーナーの隅の方から金色に光るものを見つけました。

そう!

それが金柑だったのです!!!

金柑の効能

ここで金柑の効能を調べましたのでご紹介したいとおもいます。

1.喉に最高良い

きんかんのど飴と聞くと誰もがうなずくとおもいますが、金柑は喉の炎症にとても効果的です。
風邪などの咳が出る場合も、喉の乾燥を守ってくれる強力な味方です。

2.ビタミンCが豊富で美白効果も

金柑に含まれているビタミンCは、ビタミンCの代表格「レモン」同じぐらい含まれています。
金柑を食べることでビタミンC補給にも繋がり、免疫力アップや美肌・美白効果もとても期待できます。

3.ビタミンPが心の安定剤

金柑の皮の部分に多く含まれているビタミンP。
ビタミンPは抗不安作用の働きが期待でき、イライラやネガティブに考えてしまうことを抑える働きがあります。
ビタミンPはその他にも血圧やコレステロールを下げる働きもあり、美容から健康まで多くの方に食べて欲しい果物です。
スポンサーリンク

金柑ビネガードリンクの作り方


では早速、金柑ビネガードリンクの作り方に行きましょう。

用意するのは
  • 保存容器(密閉型)
  • ★金柑(適量)
  • ★砂糖またはハチミツ(適量)
  • ★お酢(適量)

1.容器を隅々まで洗う

少しの期間漬け込んでおくのでキレイに洗いましょう。

2.容器のフタも隅々まで洗う

つける方の容器を洗ったが、「フタを洗うのを忘れていた」ということにならないようにフタもきちんと洗います。

3.容器とフタがきちんとフィットするかを確認する

せっかく洗った容器とフタ。うっかり別の容器とフタを洗ってしまったということにならないようにきちんとフィットするかを確認してください。

4.容器とフタを3日ほど乾かす

完璧なる金柑ビネガードリンクをこれから作るのです。
容器とフタを完璧に乾かしてください。
それが完璧なる金柑ビネガードリンクのコツです。

5.乾かすための3日間でついたホコリを落とすためにもう一度洗う

3日間乾かすとその間に容器やフタにホコリがつきます。
そのホコリを落とすためにもう一度容器とフタを洗ってください。

6.煮沸消毒をする

容器とフタが収まるくらいの大きな鍋を用意します。
容器とフタをその大きな鍋入れ、水を容器が隠れるくらい注ぎます。
コンロで火をかけ、沸騰したまま3分待ちます。

7.煮沸消毒後すぐにキッチンペーパーなどで拭いてください

煮沸消毒後、キッチンペーパーなどで容器とフタを拭き取ってください。

7.材料を入れる

用意するもののリストにある★印の「金柑」「砂糖またはハチミツ」「お酢」を容器に入れます。
お酢は金柑がつかる程度、砂糖またはハチミツはお好みですが砂糖だとスプーンで5~6杯、ハチミツだと2まわしぐらいが良いとおもいます。

金柑ビネガードリンク

8.2~3週間常温で置く

日光の当たらない常温でゆっくりと見守ります。

10.できあがり

2~3週間たったらできあがりです。
中のお酢(約スプーン3杯)をお水やサイダー、牛乳で割るとおいしい金柑ビネガードリンクを楽しめます。
(金柑も食べられます)


まとめ

今回の作り方はとても効率が悪いかもしれません。
自分なりの作り方を考えて、あなただけのビネガードリンクを作ってみてください。
私もまだつけたばかりなので、できあがるのがとても楽しみです。
出来上がったときまたレポートしますね。


The following two tabs change content below.
生まれつきの進行性脊髄性筋萎縮症で車イス生活をしています。進行性脊髄性筋萎縮症とは全身の筋肉が日々衰えていく難病です。 自分の言葉や想いを文字にし、ブログで独自の世界観を表現していきます。 詳細は→プロフィール
スポンサーリンク