母の日に贈る母へのメッセージ

この記事をたくさんの方に読んで欲しいです。ぜひシェアをよろしくお願いします。

母の日に送る母へのメッセージ
毎日お仕事お疲れ様です。
「私に合った仕事はこれしかない」といつもつぶやきながら、沖縄の強い日差しの中や外で作業しているあなたの姿を思い浮かべると、大丈夫かなという不安とそれくらい元気でよかったと思う安心感が私を包みます。

スポンサーリンク

家族旅行


一度家族全員で旅行に行った時、「あんた達は私に仕事をさせないつもりか!」と訳のわからないことを言われた時には逆にうれしくなりました。
家族全員で楽しむためそしてあなたを少しでも楽しませるための旅行なのに逆ギレされ、予想外も予想外すぎて笑いしか出てきませんでした。
そのくらい仕事が好きということは本当に嬉しいことです。

家族の食事会


最近はよく家族で集まって食事会をしますね。
なんの特にもならないようなバカな話に花を咲かせて、家族全員が笑ってる姿をみることが最高に幸せです。

以前あなたが「家族全員でご飯を食べに行こう」と言うので、いつものレストランで珍しく全員が集まってご飯を食べました。
ひとりひとりが好きなメニューを選び、他のお客さんのことも考えずに大声で笑ってお腹がいっぱいになって満足な状態で帰ろうとした時の一言がさすがと思いました。

「レストランではみんなの話が聞こえない」

さっきまで笑ってた全員がさらに笑ってしまいました。

お好み焼きパーティー


なら家でやろうと今度はお好み焼きパーティーをしましたね。
毎回のごとくしょうもない話を雪だるまよりも大きく広げ盛り上がってきたときに、あなたの一言がこの日の笑いの頂点でした。

「私はお好み焼きは好きじゃない」

紙皿にお好み焼きをおかずに白いご飯を食べているあなたから発せられた言葉は今でも印象深く私の記憶に残っています。

乗り越えてきた過去


あなたが今もそうやって笑いながら前向きでいられるのは乗り越えてきた過去が大きいからでしょう。
そのことを考えるとあなた以上の尊敬する人はこの世の中にはいません。
スポンサーリンク

兄弟4人中3人


私の兄弟は姉、姉、兄、私の4人兄弟です。
プロフィールでわかるように私は難病の脊髄性筋萎縮症で車イスで生活しています。
身の回りのことはほぼ自分でできません。

体が不自由な私をここまで育ててくれただけでも本当にすごくすごいことです。

なのに、兄弟4人中3人が同じ病気。

3人とも治ることのない病気と聞いたとき、相当な想いをしたのではないかと思います。

私がもしもその状況だったら、と考えただけでも想像を絶します。

交通事故


それだけではありません。
私が1歳にもならない頃に父親が交通事故で亡くなりました。

4人の子供はほぼ1歳違いで、3人が身体障害者、そして最愛の人を亡くす。

その状況は誰もわからないですし、誰にもわかって欲しくないです。

それでもいつも前向き


それでもあなたはいつも前向きでいつも明るくて、いろんな場所行きおしゃべりも上手でたくさんの友達もいます。
せっかちで落ち着きがないと見られがちですが、手先の細かい手芸やパッチワークがすごく上手で私の周りでも評判ですし、とても誇らしいのです。

母親からのメール


いつも誤字脱字ばかりのあなたからの一言メール、最高に嬉しいです。
誤字脱字が多すぎて、意味を理解するのにかなりの時間がかかります。笑

そして何よりも私を笑顔にさせてくれるのがあなたが送る唯一の絵文字です。

何かの偶然で送れるようになったと思うのですが、なぜ唯一送信できる絵文字が「ダイナマイト」なのですか?


「いさむきのうはたのかたね(ダイナマイト)」


本当に楽しかったのか?それともあまり面白くなく怒っているのか?いつも謎のままです。www

別れ


私には十数年つき合っていた彼女がいました。
その彼女と3年まえに別れました。

私は確かに十数年という長い月日をともにしたことでたくさんの想いはありましたが、それに対してはとてもポジティブな気持ちでした。
たくさんの感謝とたくさんの想いは溢れ出てきましたが、私自身また新たな自分の人生を生きていこうとすごく清々しい気持ちでした。

その彼女が最近結婚しました。

私は本当に祝福し、本当にうれしかったです。
婚期を逃し最愛の人とめぐり合えなかった場合ほうが、責任を感じてしまうし私だけが幸せになってはいけないような、訳のわからない感情に包まれてしまうのです。
なので今回の結婚は最高に嬉しいですし、本当によかったと思っているのです。

ですが、母親であるあなたに、その気持ちをもっと強く伝えるべきだったと今ではとても後悔しています。

急に届いたメール


兄弟からは母親が今回の結婚のことでお前のことをとても心配していると話は聞いていました。
親だから心配するのは仕方がないだろうし、時間が解決してくれるだろうと思い、あまり気にはしてはいませんでした。
母親は私の強がりで「結婚を喜んでいる」と言っていて、本当はとても寂しい気持ちをしているのではないか?と私のことをとても心配していたようだ。

ある日の夜、急に届いたあなたからのメールでとても胸が苦しくなった。


「いさむごめんね。私が健康な体で産んであげたら結婚もできたのにね」



苦しかった。
何よりも胸が苦しかった。

決してあなたのせいではありません。
決して体のせいではありません。
私の未熟さと心の弱さが互いの道を歩むことになったのです。


本当にありがとう


たまにこの身体が面倒くさいときもありますが、この身体が最高に大好きなのです。
今ではこの身体で最高によかったと言えます。
それよりも何よりも先に、私はあなたが母親でよかったと心から思っています。
産んでくれてありがとう。
育ててくれてありがとう。
私は今が一番幸せです。

まだ決めていませんが、今年の母の日もどこかみんなで食事に行きましょう。

その他の母の日にちなんだ記事


【過去記事】母は私を置いて去っていった。振り向きもせずに・・・母の日が近くなると思い出す心のメッセージ

【過去記事】母へのプレゼントはカーネーションではなく、あの花だった・・・

The following two tabs change content below.
生まれつきの進行性脊髄性筋萎縮症で車イス生活をしています。進行性脊髄性筋萎縮症とは全身の筋肉が日々衰えていく難病です。 自分の言葉や想いを文字にし、ブログで独自の世界観を表現していきます。 詳細は→プロフィール
スポンサーリンク