ネガティブな人や思考がダメではない。ポジティブネガティブに左右されない本当の思考法

この記事をたくさんの方に読んで欲しいです。ぜひシェアをよろしくお願いします。

ネガティブな人や思考がダメではない。ポジティブネガティブに左右されない本当の思考法
ネガティブな人は夢を叶えられない、思考がネガティブに偏りがちな人は成功できない。
この意見はちょっと偏りがちですが、ネガティブ=ダメな人・ダメな思考というイメージが世間を取り巻いています。
いろんな書籍や著名人の講演会などでもポジティブな考え方が素晴らしいと繰り返し伝えられ、それが一種の固定観念のように多くの人が信じています。

中には、ちょっとでも「はぁ…疲れたな…」というと「ダメダメ、お楽しみ様でしょ?!」っと訳のわからない造語使い上から目線で説教してくるポジティブな方もいるのです。
そのやりとりの方がさらに疲れるのですが・・・

さて本当にネガティブが果たしていけないことでしょうか?

スポンサーリンク

世の中の成功法則


世の中で語られているポジティブ思考が成功につながりやすい。
私自身もそれは絶対的に当たっていると思います。
成功法則で言えば世界的にベストセラーになったナポレオンヒルの思考は現実化するでも、そのことはすっぱいほど書かれています。
私もこの本が好きで思い立った時には読み返したりしてます。

なおさらポジティブがいいのでは?


思考は現実化するの内容が真実であるならば、なおさらネガティブは避けるべきものではないかと考えがちですよね。
私はそれこそがネガティブに対してのマイナスイメージが付く原因かなと思います。

思考は現実化するの内容でのポジティブの定義は自分が起こって欲しい現実のイメージのことです。
それとは逆に起こって欲しくない現実のイメージをネガティブと定義してるだけなのです。
スポンサーリンク

人それぞれ違う


なので、ポジティブ・ネガティブというのは人それぞれの感じ方・価値感で定義されるので他人から決められることではないのです。

例えば・・・


ピーマンが大嫌いな人からすれば、フライパンの上に大盛りのピーマンだらけの炒め物があったらとてもナイーブな気持ちになります。

私謝花、ピーマンが大好きで大好きで仕方ないのです。
本当にピーマンだけの千切り炒めで料理の一品にするくらい果てしなく(?)ピーマンが好きなんです。
フライパンの上の山盛りピーマンを見るとそれはそれは、よだれが出るほどテンションが上がってきます。

話は随分それましたが・・・笑
同じ現実でもポジティブな感情を生み出す人、ネガティブな感情を生み出す人それぞれなのです。
ポジティブ・ネガティブは、その人本人がしか定義できない1つの指数なのです。

マイナス思考が悪


序盤で書きましたが、他人の言葉一つ一つで反応して「それはネガティブな言葉だから使わないほうがいい」と凄い勢いで言ってくる方にたまに巡り合います。
私からすると「それはあなたのことですよ」と強く反論したくなりますが、大人の私はニコッと笑って時間が過ぎるのを待ちます。
そういった方を私は「ポジティブバカ」と言っています。

ポジティブバカとは


常にポジティブでいることで自尊心と自己肯定力を保っている方。
ポジティブでいることがすべて素晴らしく、人生がすべて上手くいくと完璧に信じ込んでる方。
自分が落ち込んだ時もそれを認めず常にカラ元気でいろんな人に大声で話しかける。

私から見ると痛々しくて仕方がない。

ここまでだとあまり支障ないがここから先が本当のポジティブバカ。
ポジティブを自分だけの信じるものにするだけではなく、他人にポジティブを押し付ける。
「いつも笑顔でいないとダメ」「いつも明るく元気で前向きに」それを他人に強要するのだ。

本当に見てられない。

それこそが本当のダメなマイナス思考


過去に書いた記事「実は私、天気を100%当てることができるのです」でも価値感や良い悪いの区別のことを書きましたが、今回のポジティブバカは悪い天気を意識して見ているような感じがします。

ポジティブバカの人はポジティブであり続けたいのではなく、ネガティブな感情や出来事をいつも探しそれにバツをつけて生きているのです。

なのでポジティブよりもネガティブを意識して生きていることと同じなのです。
それこそが本当のマイナス思考なのかもしれません。

【過去記事】実は私、天気を100%当てることができるのです

すべていい


ネガティブでもいいんです。
というかあなたが持っているネガティブはネガティブではありません。
ただのあなたの感情です。
それにポジティブ・ネガティブを判断するからそこに○がついたり×がついたりするのです。
あなたが考えることがすべて○で、誰かのポジティブ・ネガティブの価値観に合わせることが×なのです。

ネガティブこそが素晴らしい


私はネガティブが素晴らしいと思います。
落ち込みすぎて疲れる場合もあります。
何もかもがイヤで投げ出したくなるときは誰にでもあります。
そうやって落ち込んだり沈んだりする人こそ、自分は本当はどうすればいいのか?それをしっかりとわかっている方なのです。

考え込むような時間でも


あなたは素晴らしい時間の使い方をしています。
何かを行動で動いている時間よりもこの時間の方があなたには一番必要なのかもしれません。
あなたの中にあるすべての感情と向き合ってください。

あなたにしかあなたのことはわからないのです。

あなたの考えたことがポジティブであれ、ネガティブであれ、それが正解なのです。

The following two tabs change content below.
生まれつきの進行性脊髄性筋萎縮症で車イス生活をしています。進行性脊髄性筋萎縮症とは全身の筋肉が日々衰えていく難病です。 自分の言葉や想いを文字にし、ブログで独自の世界観を表現していきます。 詳細は→プロフィール
スポンサーリンク