あなたがもし、辛く苦しい日々の中にいるのならば・・・

この記事をたくさんの方に読んで欲しいです。ぜひシェアをよろしくお願いします。

あなたがもし、辛く苦しい日々の中にいるのならば
あなたがもし辛く苦しい日々の中にいるのならば、

ただ私が言えることは

「感じてください」

スポンサーリンク

生きていく中で


生きていくということはすべてを感じることなのかもしれません

小さなことで腹がよじれるほど息ができなくなるほど笑ってしまう日もあれば

小さなことで食事が何も喉を通らなり息ができなくなるほど苦しい日もあります

すべての出来事の中に私たちは生まれ

すべての感情の中に私たち生かされてるのでしょう

明日が待ちどうしくてドキドキして寝れない日もあれば

明日になることがとても不安で寝れない日もあります。

すべての人の笑顔を作ってやろうと意気込む日もあれば

すべての人を信じることができなくて心をふさぐ日もあります。
スポンサーリンク

トンネルの先へ


あの明るい世界から急に光も射さないトンネルに入ったようなこの現状に、不安と恐怖とがあなたを襲ってるのかもしれません。

そんな時、「大丈夫だから」「今に良くなるから」なんてその場限りの言葉など力を持たないでしょう。
力を持たないだけではなく、すべての言葉が余計にあなたを1人ぼっちにさせるようで上手く表現できないです。

暗闇の中で


暗闇の中であなたは孤独を感じているのでしょうか?

残念ですがあなたは孤独です。

というより人はみな孤独なのです。

あなたも私も

あの人もこの人も

実はすべての人が孤独なのです。

孤独だからこそ愛を確かめ合い

孤独だからこそ人と関わろうとするのです。

残念ですがあなたは孤独なのです

価値を見失う


それでも自分の毎日と自分のすべてに価値を見失います。

すべての意味などいらなくなり、無価値であることが楽になる時があるのです。

すべてを投げ出して、すべてを捨てたい気持ちなります。
すると、すべてが無機質な心を持たないモノに見えてしまい、
すべてに冷たくされたと意味もなく自分の心を裂くです。

そして自分の中の価値もわからなくなり、自分がここにいる存在さえもうっとうしくなるのです。

今を感じてください


感じてください

今を感じてください

逃げることだけはしないでください

今を感じること、今と向き合うことは大切な一歩なのです。

それはどこか止まってるように思われがちですが、何よりも一番大切な一歩なのです。

あなたはそれだけで着実に前に進んでいます。

あなたは前に進んでいるのです。

光が見えないのなら


光が見えないのならば光の射す場所へ立てばいいのです。

どこか遠い場所に行くわけでもなく

がむしゃらに走り抜けるわけでもなく

光が差す場所はあなたが今立っている場所なのです。

目を開く


ただ今、あなたは残念なことに心も身体もふさいでいるのです。
同じようにあなたの光を感じるその目も閉じたままなのです。

ゆっくりでいいです。

その目を開いてください。

ゆっくりでいいです。

ずっと待っています。

眩しい光があなたの元に射してることに気づけるはずです。

今はただ


今はただ、今を感じてください。

辛さや苦しさや悲しさやはかなさ・・・

すべての感情をあなたの中に溶け込ましてください。

それがすべて強みになるなんて中途半端な慰め方はしません。

それはすべて弱みになるのです。

弱みを知ることこそが本当の強み


強い自分を演出する人ほど格好悪くて仕方がありません。
そしてそんな人ほど弱点だらけです。

本当の強い自分を持っている人ほど自分の弱みを知っているのです。

自分の弱さを知ることが本当の自分を知り、自分の弱さを知ることが本当の自信へと繋がるのでしょう。

あなたは今その自分の弱さを知る最高の時間と出会っているのです。

間違っていない


あなたは何も間違っていません。
あなたのやってきたことはすべて正しいのです。
もう自分を責めることはやめてください。
あなたと同じような状況の方がいたとしたら、あなたはその人を責めますか?
あなたが自分を責めることはそれと同じようなことをしているのです。

自分を責めることはもうやめてください。
あなたは何も間違っていません。
あなたのやってきたことはすべて正しいのです。

覚えててください


忘れようとしないでください。

すべて覚えててください。

忘れようとすればするほど、過去の自分を否定してしまうことになります。

あなたが今日ここまでたどり着いた大切な道程です。

忘れようとしないでください。

すべて覚えててください。

それでも明日は来ます


イヤというほど時間は流れ、イヤというほどまた明日はやってきます。

晴れの日もあれば雨の日もあります。

ご飯がまずい日もあればびっくりするほど美味い日もあります。

いつも通勤する風景の場所が足取りを重く感じるさせるときもあれば、何気ない小さな発見しそれだけで一日が幸せだと感じる時もあります。

そんないろんな出来事といろんな感情がまざった中で私たちは生きてるのでしょう。

変わりたくないと思っても明日になれば必ず小さな変化した自分がいて、
早く変わりたいと思っても明日になればそんなに変化できていない自分に出会うのです。

明日またやってきます。

イヤというほど明日をやってきて
嬉しいほどに明日がやってくるのです。

The following two tabs change content below.
生まれつきの進行性脊髄性筋萎縮症で車イス生活をしています。進行性脊髄性筋萎縮症とは全身の筋肉が日々衰えていく難病です。 自分の言葉や想いを文字にし、ブログで独自の世界観を表現していきます。 詳細は→プロフィール
スポンサーリンク