LINE@button

私を嫌いな人は嫌いなままでいい、だけど私自身がその人を好きか嫌いかは別問題

この記事をたくさんの方に読んで欲しいです。ぜひシェアをよろしくお願いします。

nature-reserve-01
私は誰かに嫌われてるかもしれない・・・
あの人が私の文句を言っているから私は嫌い・・・

心の中がネガティブなことを考え出すとすべてがネガティブに色を変えます。
特にそれが対人関係や感情のことでしたらさらにネガティブが回り
せっかくの時間や1日が台無しになります。

もっと楽しいように
もっと笑って毎日を過ごしたいのに
ネガティブなことを考えるとそればかりに心が問われ
すべてが面白くなく
落ち込んだような状態になります。

スポンサーリンク

人から嫌われてるかもしれない


ささいな出来事で
ネガティブな意味を取り
勘違いかもしれないけれど
あの人から嫌われてるかもしれない・・・
と思うことは人間ならば誰もが感じた事のある感情です。

以前より目を合わせて会話をしなくなった・・・

前はもっと会話も弾んだのに今はあまり愛想がない・・・

本当に小さな出来事だけで、ネガティブにとらえそれが私は嫌われてるのではないかとひとり孤独感に浸る。

その時相手は
体調が悪かったり、別のことを考えていたり、次のスケジュールのために時間を急いでいたりだとか
その人なりの理由がある可能性がありながらも、いちいちネガティブな出来事ととらえてしまう。
スポンサーリンク

人から嫌われていたとしても


それが100歩譲って
その人から嫌われていたとしても、あなたの感情とはまた別の問題である。

相手が嫌いという事実とあなたの感情をつなげて考えるからすべてがネガティブに働く。

人から嫌われることと、あなたがどう考えるかはまったく別の問題である。

人から嫌われていることと、あなたの感情はまったく切り離して考えるべき問題なのです。

なので人からどんなに嫌われたとしてもあなたはそれに振り回されないで良いのだ。

振り回されるべきではない。

・・・いや、そうは言っても・・・
人から嫌われると、どうしても感情が出てきてネガティブに心が染まってしまう・・・

人を好きになればいい


嫌われてる人を自ら好きになるのだ。

嫌われている人を好きになるなんて・・・正直無理・・・

そう考えてしまうということは、まだ相手の感情と自分の感情を分けて考えることができない証拠だ。

片想いをすればよい


相手との感情と自分との感情分ける部分は、どこか初恋の片思いに似ている。

相手のことが好きで好きでたまらなく、どんなことがあっても一緒にいたいと思うし、何をしていてもその人のことを考えると幸せに思う。

確かに相手がどう思ってるかも気になるかもしれないけれど、万が一相手が私以外の誰かを好きだとしても、自分の感情は変わらない。

そこに相手の感情は問題ないのだ。

相手が私のこと好きなのか嫌いなのかはあまり関係なく、私は相手のことが好きで相手のことが気になるという感情。

その感情は相手に好かれている嫌われているとは関係がない問題で、そこにきちんと自分の主張する感情がある。

もちろんそれに加えて相手が私のことを好きでいてくれるとさらに幸福感は増す。

このような片思いのような感情は、日々の人間関係でもとても重要だと思う。

相手の感情とは別に自分が勝手に好きになって勝手にポジティブの気持ちになる。
それはすべてをポジティブに変え、日々がさらにさらに楽しくなる。

相手に嫌われている、相手が私のことを良いとは思っていない、そんな感情に合わせるのではなく、
それでも自分はどうしたいのか?
それでも自分はどう思いたいのか?
それが何よりも自分の心をハッピーにする向き合い方ではないでしょうか?

あなたとても価値ある存在です


あなたはとても価値ある存在です。
誰かと比べた価値ではなく、あなたはあなただけで十分重要性のある価値を持って生まれてきました。

だからこそ、誰かからのネガティブな感情であなたの価値ある毎日をネガティブに変えないで欲しい。
誰かからのネガティブな感情であなたの中までネガティブに色を染めないで欲しい。

誰からの影響も受けない。
自分の好きを集めていく、そんなあなたにしか生きられないあなたを生きてください。

あなたの好きは、必ず世界を包みます。



The following two tabs change content below.
生まれつきの進行性脊髄性筋萎縮症で車イス生活をしています。進行性脊髄性筋萎縮症とは全身の筋肉が日々衰えていく難病です。 自分の言葉や想いを文字にし、ブログで独自の世界観を表現していきます。 詳細は→プロフィール
スポンサーリンク