LINE@button

その人の小さな断片だけで好きか嫌いかを判断するなんてナンセンス

この記事をたくさんの方に読んで欲しいです。ぜひシェアをよろしくお願いします。

pexels-photo05
人は生きているといろんなことが起こります。

それは良いこともあれば悪いこともあります。

何かの側面を大切にすれば
何かの側面が心なく感じる場合もあります。

どこかに重きを置けば
どこかが軽くなって
その軽くなったところに重きを置けば
重きを置いてたところが軽くなることは多々あります。

すべては見方や視点だけでその時々の感情や出来事が変わってくるのです。

スポンサーリンク

人間関係の中で出てくる失言や心無い発言


そんな中やっぱり人間関係を続けていくときに
どうしても失言や心ない言葉でネガティブにとらえられてしまう場合があります。

私もかなりたくさんあります。

私の場合ほとんどがそうと言っても過言ではないでしょう。笑

そんな失言や人を傷つけるような言葉を言ったとしてもそのあと相手側にさらにもっと愛情をあげればその失言や傷つける言葉も許してもらえる、薄まっていくと考えています。

私自身もできるだけ人からの言葉や人からの発言だけで相手の気持ちとしてすべてを判断するのではなく、
できるだけ大まかな相手の生き方や相手のライフスタイル
そして私やいろんな人への思いなどをできるだけ感じてそれとまぜるようにして意味をとることに頑張っています。

ですがそんな小さな失言や間違った発言で自分が傷付いた事を強く正義感を出し、相手に対して怒りを覚えることはとても悲しい出来事です。

怒りだけで終わるのではなく、それに対して人間性までも問題にし好きか嫌いかまたは今後付き合うか、付き合わないかを考慮に入れることはとても残念なことです。
スポンサーリンク

小さな断片だけで好きか嫌いかを判断することとは


僕らは完璧な人間ではありません。
地球上にいる人、完璧な人間はおそらく1人もいないことでしょう。

それをみんな知っているはずなのに、間違いが起こった時にそこに正義か悪かを判断するへんな脳のシステムがあります。

もちろん自分自身も失敗を起こすはずなのに、人の失敗や人の失言ましてや自分に対しての発言に関しては傷ついた事がとても強い正義になるようなそんな風潮があります。

私自身もまだまだな人間で、これまでにいろいろな方に失言や心ない言葉や冗談の行き過ぎた発言など自分でも把握しきれないほどたくさんあったと思います。

もちろんこのブログでもとにかく言いたいことをいい、書きたいことを書き、過激なこともどんどん文章へとおこしてきました。

その中でもやはり嫌な思いをされた方、いろんな方達を否定するような文章になっていたり、してきたと思います。

本当にゴメンナサイ。

でも、これが私です。

そこで嘘をついていい人を演じるのも簡単ですし、人に好かれようとすることもとても簡単です。

でも私は自分に嘘をついて生きることはもうやめたのです。

そして自分がさらに目指す自分になるようにすべてをさらけ出し、弱い部分も黒い部分もすべて出して行こうと決めました。

その過程で反省や後悔や自分のイタさなどを強く感じ、又目指すべき自分に会えるようにしたい。

このブログは人間謝花勇武が成長していく過程を記録していきたいと思っているのです。

人間は完璧ではない事を知っているのに


話が少しそれてしまいました。

実はある人が自分の失言でとても自分の事を責めている状況を知りました。

それを見るだけでも私は辛く何かしてあげられることはないかと強く思いました。

どうしてそのひとつの失言だけでこんなにも悲しい顔や悲しい思いをしなければならないのか?

本当に苦しいです。

誰だって失敗もするし、誰だって失言をする。

みんな完璧な人間ではないことをしているのに完璧じゃない部分を攻めようとするのはとても辛いことです。

好きか嫌いかを判断するなんてナンセンス


僕らは生きています。

1年365日。

1日は24時間。

1時間は60分。

1分は60秒。

それが今の日本では平均寿命80年を超えてるのです。

みんな1秒1秒大切に、1分1分を大切に、1時間1時間を大切に、1日1日を大切に、1年1年を大切にみんな生きてるのです。

それなのに人生の小さな小さな断片だけでその人を判断することはとても悲しいことだと思います。

小さな小さな失言や心無い発言だけで正義という強い武器を振り回しその人を追い詰めることは本当に正義というものでしょうか?

その時こそ人を許せるそしてその出来事を許せる自分の器を試す機会ではないでしょうか?

もちろん私が言う事ではありません。

私だってまだまだ自分の器を広げるべき状態です。

人が転んだときこそ
手を差し伸べられる人でありたい。

その人の笑顔が早く戻りますように・・・


The following two tabs change content below.
生まれつきの進行性脊髄性筋萎縮症で車イス生活をしています。進行性脊髄性筋萎縮症とは全身の筋肉が日々衰えていく難病です。 自分の言葉や想いを文字にし、ブログで独自の世界観を表現していきます。 詳細は→プロフィール
スポンサーリンク