LINE@button

鼻毛脱毛をするなら一毛Da刃。今流行のワックスで鼻毛の脱毛をしてみた。

この記事をたくさんの方に読んで欲しいです。ぜひシェアをよろしくお願いします。

20160423-01
性格が下品なので、身だしなみだけはきちんとしたい37歳ふたご座の男です。

両手が動かないので、
不意に出てるとぱっと処理ができなく今まで何度も痛い目にあってきました。

なので、定期的に鼻毛用のエチケットカッターやめっちゃ小さい鼻毛用はさみなどを使って森林伐採をしていたのですが・・・。

私の毛根があまりにも強すぎて
鼻毛処理をした後でも翌日には脱獄者が現れて
ひょっこりと私の鼻の穴から顔を出すのです。

ほんとにかわいいヤツです。

いや違う!

何もかわいくない。

どんなにブログで熱く語ったとしても
世間に対して強いメッセージを発したとしても
鼻毛が出ていたらなんの意味もありません。

鼻毛ですべて台無しです。

憎き鼻毛。

戦争と鼻毛がこの世からなくなればいいと強く願っています。

スポンサーリンク

鼻毛をワックス脱毛してみた


その憎き鼻毛と戦うために
インターネットで入れろ調べてみました。

すると今話題になっている鼻毛のワックス脱毛の自宅でやる版があったのですぐにAmazonで購入。

20160423-02
調べてみるとAmazonだけでも鼻毛ワックス脱毛の商品はたくさんあります。

他の商品だとワックスの量が少なくて鼻毛脱毛する回数が限られてくる物もあったりして
その中でも安くていろいろな人が使っていてお得なヤツから買ってみました。


鼻毛脱毛ワックスの商品の中はこんな感じになっていました。

20160423-03
左手前が取扱説明書
右手前が鼻にぶっさす用のスティック
左奥が粒状になったワックス
右奥がワックスを電子レンジで温めるための容器
スポンサーリンク

鼻毛ワックス脱毛のやり方


まず容器に粒状になったワックスを容器の底が埋まるくらい敷き詰めてレンジで3分~5分温めます。
すると粒状だったワックスが溶けてドロドロの状態になります。
溶けたワックスを白いスティックに絡ませて鼻の中にぶっさします。
鼻にぶっさすときにできるだけ鼻の周りにワックスがつくように鼻の穴の周りをぐるぐるぐるとなぞるようにやったら効果的です。
本来ならば鼻の穴ひとつずつやるほうがおすすめです。
私の場合はどうしても、両鼻やってこの写真が撮りたかったのです。

20160423-01
是非とも今回だけ無料でこの写真を差し上げますので携帯やスマホの待ち受け画面にしてください。笑

5分~8分経つといよいよ脱毛の時です。
白いスティックをまっすぐ下向けに力強く勢いよく引き抜きます。

鼻毛ワックス脱毛はめちゃくちゃ痛いけど気持ち良い


無茶苦茶痛いです。
痛いってもんじゃないくらい痛いです。
鼻がモゲたんじゃないかなというくらい痛みで鼻の感覚がなくなります。
ヘルパーさんに鼻があるかどうか確認したくなります。

でもそのあとの爽快感がたまりません。

鼻毛脱毛するとこんな感覚なんだと新しい世界が開いたような・・・

スースーするような、すべてのニオイを素直にキャッチできるような
ニオイの専門家になったような
ワインでいうマエストロのような
そんな気分にさせてくれます。

私の場合すでに2回も鼻毛ワックス脱毛をやったのですが
引き抜く前に冷風ドライヤーなどで鼻全体を冷やすとよりワックスが固まり脱毛が効果的でした。

そしてその後
引き抜いたスティックを見ると
頭の上から悲鳴が出るような
おぞましい自分の鼻毛にただただ驚くのです。

汚いとはこのことです。

20160423-04
めちゃくちゃ汚いです。
これを見た後、3日間ご飯がのどを通らなくなると思います。
なので今回はモザイク処理をさせて頂きました。笑

何かくじけそうになった時、この小汚い写真を見て
こんな時代もあったんだなと振り返ってみたいと思います。笑

鼻毛を脱毛すると風邪をひきやすくなる?


しかし、鼻毛脱毛ワックスをすると
8割の方に鼻毛を脱毛して鼻毛が無くなると風邪をひきやすくなると注意勧告を受けるようになります。

この記事のトップ画面を見るように、こんな鼻に棒を突っ込んだバ○は風邪をひくと思いますか?

〇〇は風邪をひかないという伝説があるのです。

その代表的な○○な顔をしてると思いませんか?

この顔だと風邪菌も逃げると思います。笑

とにかく皆さんやってみてください。
鼻毛脱毛ワックス絶対ハマります。

是非ともおすすめです。


20160423-05

The following two tabs change content below.
生まれつきの進行性脊髄性筋萎縮症で車イス生活をしています。進行性脊髄性筋萎縮症とは全身の筋肉が日々衰えていく難病です。 自分の言葉や想いを文字にし、ブログで独自の世界観を表現していきます。 詳細は→プロフィール
スポンサーリンク