未来の事を不安がるより、今目の前の事に全力を尽くせ

この記事をたくさんの方に読んで欲しいです。ぜひシェアをよろしくお願いします。

20160525
どうしても生きている中で未来への不安はつきまとう。
もしかしたらこんな未来が来るのではないか・・・
最悪な未来が来たらどうしよう・・・

未来のことを不安に考えると
恐ろしいほど想像が豊かで
自分の行動力すらストップさせてしまう。

人間の中で一番天敵なのが不安なのだ。

「謝花さんはいつも前向きで行動力もありいろんな事にチャレンジしているから不安なんてないでしょ?」
と声をかけられることがかなり多い。

そんなことまったくない。

むしろいつも不安だらけだ。

その不安とどう立ち向かうかで自分の未来が変わると思っている。

私なりの不安との立ち向かい方。

スポンサーリンク

未来が不安でいっぱいになるのはいいこと


まずはじめに伝えたいことは、
未来が不安になるということは良いことだと思っている。

不安になることで良いこと・・・?

そう!不安になることは良いこと。

未来が不安になるということは、
未来に対して希望や描く風景があるからこそ
それが崩れたらどうしようと考えるからこそ不安や恐怖が心の中に入ってくる。

今の状況から何か良い方向に向かおうとする時に
その未来への不安や恐怖が襲うのである。

逆に何も向上しなくてもいい
今のままでいいと思う
自分の中に希望がなければ
未来への不安なんて
起こらないのだ。

だからこそ
未来に不安を抱いているあなたは
向上心のある
未来に希望を持てる
ポジティブな心を兼ね備えている。

未来に不安を抱くことは
とても良いことなのだ。
スポンサーリンク

未来への不安を打ち消す方法とは


それは今を生きること。

未来に不安を抱くことはもちろん良いことです。

でも、ずっと未来に不安を抱きながら生活をしていると
足がすくんだり、
行動力が落ちて
物事が何も進まなかったり
描く未来に行くことが目的なはずなのに
不安や恐怖に打ち勝つことにばかり気を取られて
やる事が進まなかったりします。

そんな時は
一切未来なんか考えないのです。

今を一生懸命生きる。

それだけに集中するのです。

以前記事にも書きましたが
不安や恐怖は現実にはないのです。

不安や恐怖は未来や過去からの産物で
そのことに振り回されて
自分が勝手に想像して
不安や恐怖を作り出しているだけなのです。

【過去記事】不安や恐怖は未来だけにしかありません。今を生きることに集中すればそれは必ず解決する。

今、目の前の事に集中すれば未来への不安は消えていく


とにかく今できることを探して
今できることを精一杯、懸命に魂を込めてやることが
未来の不安と戦う最大の方法なのです。

何かを懸命にやってる時、
人間は不思議なもので
そのひとつに集中してしまう
集中しかできなくなってしまうそういう体がみんなの中に備わっています。

だからこそ未来の事を深く考えて
不安や恐怖に心の中を染めないで

あなたの未来はあなたしか切り開けません。

あなただからこその未来を
あなただけの未来を体験しに行きましょう。


The following two tabs change content below.
生まれつきの進行性脊髄性筋萎縮症で車イス生活をしています。進行性脊髄性筋萎縮症とは全身の筋肉が日々衰えていく難病です。 自分の言葉や想いを文字にし、ブログで独自の世界観を表現していきます。 詳細は→プロフィール
スポンサーリンク