熱い夜も寂しい夜もずっと共にしていたのに・・・。私のエアーマットが壊れてしまった。

この記事をたくさんの方に読んで欲しいです。ぜひシェアをよろしくお願いします。

woman-20160617
離れてわかるこの愛しさ・・・。

お前は今、どこで何をしているんだ・・・。

俺は今、お前のおかげで眠れない夜を過ごしているんだ・・・。

そうなんです。

私国が認めたプロの身体障害者なのです。

お会いすると口達者。ブログでは筆達者でかなり普通の人と間違えられますが
れっきとした障害者なのです。

その中で一番大切な相棒が今、私のモトを離れているのです。

スポンサーリンク

障害者ということを忘れられている


いつもなんだかんだで
障害者扱いをされずに
逆の意味でかわいそうな私ですが
スーパー障害者なのです。

そんな私ですが、
いろいろ交流を深めると
本当にバカしたり
普通に会話をするので
障害者ということを皆さんが忘れるようで・・・

【過去記事】俺、忘れられてないよね?身体障害者なんですけど?
スポンサーリンク

たくさんの福祉用具に助けられて生活している


そんな私ですが
やはりいろいろな現代の科学や医学やパソコンなどのツールでかなり快適に過ごさせてもらっています。

特にパソコンはこのように文章を書いたり音楽を作成したり
パソコンがなければ私はかなりの重度ひきこもり症候群だったと思います。笑

そして次に大活躍がやはり電動車椅子です。

電動車椅子のことは以前記事にも書きましたのでぜひ読んでいただけると嬉しいです。
あの有名な(どういう意味で?)乙武洋匡さんも同じメーカーの車イスを使っています。笑

【過去記事】私が使用している電動車椅子のメーカーや種類などの詳細

ベットではおとなしい私


いろんな福祉用具や工夫して作ったものなどが多い中やはり一番大切なのが身体の疲れを取るベットです。

私は日中は車イスで自由に動けますが
ひとたびベットに上がると
1ミリさえも身体を動かすことができません。

なのでベットに上がると寝返りもできないですし
タオルケット一枚をかぶることだってできないのです。

なのですぐに褥瘡(じょくそう)や身体の向きが悪ければ骨が痛くなったり、小さな打ち身みたいになる時もあるのです。

ヘルパーさんに体を動かしてもらったりずっと同じ向きにならないようにいろいろ介護してもらうのですが
それでもやはり朝起きた時にものすごくきつい時があったりします。

さらには脊髄性筋萎縮症なので
呼吸の深さも関連して
酸素を取り込む効率が悪く
常に浅い状態で寝ているような感覚です。

普通の方で言えば、
昼休みに会社のデスクで少しウトウトしたような感じの寝方の深さによく似ていると言われます。

そんな浅い眠りの中、6~7時間寝たとしてもなかなか身体の疲れが取れない状況と言われています。

身体的な痛みもありながら
さらには睡眠の深さも浅く
私にとって寝ることは最重要課題のひとつなのです。

三種の神器、体圧変換エアーマット


そこで登場するのが
体圧変換エアーマット。

モルテンのプライムDX。


このエアーマットは3年前から使用していて最高に相性がいい。

こいつ無しではできていけないくらい俺は骨抜きだ。

30分に1回エアーマットの空気が入れ代わってくれる。
そのため寝ている時の体圧が一定でなくなり、褥瘡予防や身体を頻繁に動かさなくても快適に睡眠がとれる。

大切なエアーマットが壊れた


先日、私の相棒エアーマットが壊れた。
そのため、今は辛い夜を過ごしている。

といっても購入した店舗から代替えをレンタルしているが・・・

ほとんどの福祉用具は申請すると国から補助がおりるが
沖縄県はエアーマットが対象外。

なのですべて自己負担だ。

自分で購入すると6万円するのだ。

いや今回の事を考慮して
予備であと2台ぐらい購入するべきかもしれない・・・

合計で18万円・・・

さて、そのお金をどこから持ってくるかだ・・・

どなたかお金持ちの方

それか夏のボーナスの使い道がまだ決まってない方

ジャンボ宝くじが当たったけど5000万しか使っていない方

是非ともお問い合わせをお待ちしております。

はぁ・・・あの子は今頃、何をしているのだろろうか・・・


The following two tabs change content below.
生まれつきの進行性脊髄性筋萎縮症で車イス生活をしています。進行性脊髄性筋萎縮症とは全身の筋肉が日々衰えていく難病です。 自分の言葉や想いを文字にし、ブログで独自の世界観を表現していきます。 詳細は→プロフィール
スポンサーリンク