LINE@button

言葉の力の威力は絶大!あなたは言葉の力を信じていますか?

この記事をたくさんの方に読んで欲しいです。ぜひシェアをよろしくお願いします。

20160627
私が頭がおかしいのか?
言葉だけで世界が変わると思っている頭のおかしい謝花です。
というかそのくらい言葉の力を信じていて
できるだけ自分がいいと思う言葉をチョイスして使うことを心がけています。

ですが
いろんな人とお会いしたりお話したりする中で
とても綺麗とは思えない言葉を使う方がいたり、
その言葉を自分だけではなくて他人に対して使っている状況を見るととても胸が痛くなります。

言葉を使うことの重要性を知らないためか本当に簡単に使うことを避けたい言葉を使用している人が多いのにびっくりします。

ですが、その力の威力の絶大さを知った時には
本当に言葉一つ一つに対して、丁寧にさらにはきちんと厳選して使うようになってくるのです。
いや厳選して使わないと怖いという恐怖感さえ出てきます。

あなたは言葉の力を信じますか?
その力の偉大さを信じますか?

スポンサーリンク

言葉の力は見えない力が宿っている


以前記事でも書いたのですが、言葉の力は本当に絶大です。

あまりこんな題材をブログの記事にすることは避けていました。 もっと根拠のあるもの、理論的に理屈的にきちんと説明できるものを文章におこし できるだけそれをわかりやすく伝えることを心がけていたの...

言葉だけで人生が変わるといっても私は過言ではないと思っている。

そのくらい自分の内面や他人の心やそして現実の状況のとらえ方などすべてが180度変わることがどんどん起こってきます。

でも言葉を使うことの大切さを知らない方が多すぎて、簡単に避けたい事を口にしてしまう方があまりにもたくさんいます。
言葉を口にすることにお金はかからないのでどんどん考えずにどんどん口にしていき自分とは想像する間逆の世界へと引きずられてしまうのです。

考えずにどんな言葉でも使っていいわけではなく、その裏に隠された言葉の力をもっと理解して丁寧にさらにはきちんとチョイスして使うことをいつもおすすめしている。
スポンサーリンク

他人を大きな病気にするくらいの力がある


これはあくまでも私の仮説だが
毎日毎日会社に行くと同僚の人から

「あなた、体調は大丈夫?」

と本当に心配そうに言葉をかけられ続けるとどうなるでしょう?

初めの2、3日は冗談がって面白がったり話題にしたりするけども
それが10日から15日経ったくらいからどんどん自分の異変に気づいてくる。

もしかして私は本当に病気なのかもしれない・・・

そんなことを考えたら
自分の体調が悪いところへ視野が向けられ
自分の体調がどんどん悪いのではないかと考えはじめる。

それが20日から25日経つといよいよ
私自身が隠された病気にかかっていると真剣に自分で思うようになる。

そうなると人間の脳は
すごく緻密にできていて
そのギャップを埋めようとしてできるだけ大きな病気を身体に作ろうと頑張ってしまう。

同僚からの
「体調は大丈夫?」が半年続いたところからは
きっと病院のベッドの上でその言葉を聞くことになるのだろう。

ただこれは
あくまでも私謝花の仮説であって実際に起きた事ではないが私の経験上から確実にそうなることだろうと予測ができる。

他人からもらう言葉は力が強い


やっぱり僕らは何よりも自分が自分を強く思うことが大切だと思っているが、どうしても他人の意見や他人の言葉に耳を傾けて、その評価を気にしてしまう。

自分で自分を褒めることはとても大切だが、自分で褒めることはとても慣れが必要で始めから上手くいく人はいない。
現代の人はなかなか自分を褒めるよりもそれよりももっと前の段階で自分自身を認めることさえもできない人が多い。

自分を認めることができなければ、他にも認めることができないのに・・・。

そんな状況の中自分で自分を褒めることは結構難しかったりする。

自分で自分を認めることができない場合はやっぱり他人の意見が気になってしまい他人の意見で自分の意見を決めるくせがついてる場合が多い。

そのためどうしても他人の言葉に耳を傾けて、その言葉で自分の価値を決めたりしてしまう。

例えば先程も例に出したように、他人や身近な人からかけられる言葉が少し否定的な言葉だったりすると
それはいつも積み重ねられて自分の中にずっしりと重くのしかかってしまう。

例えば
恋人同士の場合
もちろん相手のことを大切に思うからこそいつもそばにいるのだが
その時に相手のことを嫌いだとか
そんなに愛情がないだとか
そういった言葉は
はじめは小さなパンチだが
積もり積もったら大変な大切な肝臓を痛めつけるボディブローと変わる。

それが続けば続くほど
相手への否定は強くなり
言われた側は気にはしてないつもりでも自尊心が失われ
未来へ立ち向かうことをあきらめたりする。

それは夫婦同士でも家族同士でも一緒だ。
なれ合いになるとどうしても言葉が乱暴になり
良いとされない言葉を使って
相手のことを茶化したり
芸人みたいにおもしろおかしくいじってみたり
そんなことが積み重ねられると
本人も気づかないうちに
自尊心や自分の仕事やできる心をどんどん傷つけてしまう。

そんな小さな言葉たちが
集まると大きな大きなチカラになり
現実をネガティブな方向へと変えてしまうのだ

これは身に見えないことなので本当に怖いことです。

だからこそ言葉の力を信じよう


今日からでもいい
今からでもいい
自分の使う言葉を強く意識して
他人に投げかける言葉を
常にチョイスして使って欲しい。

私もまだまだ未熟なところばかりで
言葉の力をうまく利用しきれていない場合が多々ある。

そして今までもいろんな人を傷つけてきたかもしれない。

もっと大切に
もっと大事に

言葉の力を使っていきたい。

言葉は世界を変える。

言葉はあなたを変える。

言葉は未来を変える。



The following two tabs change content below.
生まれつきの進行性脊髄性筋萎縮症で車イス生活をしています。進行性脊髄性筋萎縮症とは全身の筋肉が日々衰えていく難病です。 自分の言葉や想いを文字にし、ブログで独自の世界観を表現していきます。 詳細は→プロフィール
スポンサーリンク