結局今を楽しむかどうかで人生は決まる。過去や未来は言い訳の道具

メンタル

ひっそりと再開しようと思っていた
久しぶりのブログ更新に
たくさんの方からのコメントやメッセージを頂き
シェアして頂いた方もたくさんいました。
ありがとうございます。

昨日の記事
https://jahanaisamu.com/post-3918/

なによりも自分の感じるすべてを大切にすると
なぜかすべてが良い方向に転がる
逆に他人の目ばかり気にして
自分の感情を押し殺すと
我慢やストレスがたまり
それだけではなく
自分の望んでない方向へと進んでしまう

そんな単純なことだけども
本当に大切だと思うことを文字に起こしました。

スポンサーリンク

今どう楽しめばいいのか?今という瞬間の生き方

自分のことを大切にするということは結構難しいことで
まずなにをすればいいのかわからないっていう方が多かったりもします。

そんな時、私が決まっていう言葉が
今に集中する。

過去のことも持ち出さず
未来の不安だとかもすべて抱き抱えずに
今なにをしたら楽しいのか?
今なにをしたら気持ちのか?を
一番大切である自分に聞くことなのです。

と言われても結構難しくて
すぐに過去のことや未来のことを考えてしまいがちです。

そんな過去や未来のことを考えないように
いらない考えを考えさせないために
ヨガや仏教のお経、キリスト教でいう祈りがあったりするのかと
私は思っているのですが・・・

スポンサーリンク

謝花勇武流今に集中する方法

私自身が今に集中する時は
もちろん祈りだとかも使ったりします。
祈りというよりもすべてのことに感謝したり
自分の身体や心の部分にスポットライトを当てて
それに対しての感謝や
今現在なにを思っているのか?
それを自分自身が自分自身の身体に聞いたりします。

祈りの他には
ひとりでブツブツ言うアファメーションみたいなことをしたりします。
すべての感情やすべての状況を言語化することをとても大切で
その言葉にするだけで自分の理解度も高まり
今の自分をきちんと知ることができたりします

今自分はどこが痛いのか?
今自分は何がしたいのか?
今自分は誰といたいのか?
そんな感じで自分の中のチャンネルと合わせると
何だか気持ちが楽になったり
痛い部分がなぜか知らないけど自己治癒されたりします

それよりも何よりも一番進める
今に集中する方法とは

歌を歌うことです。

これはなによりも効果があるのではないかと思います。
ただできるだけ暗い歌は歌わないほうがいいです。
明るめの自分の心が元気になりような
自分が大好きだなと思うような歌を
大きな声で思いっきり歌うと
自然と今と繋がって
ストレスだとかいやな思いだとかがなぜか排出されます

中にはカラオケ嫌いという人もいますが・・・笑

そんな方は自分の車の中に閉じこもって
1人だけで熱唱するのもひとつの手ではないかなと思います。

そしたらおのずと
今の自分を見ることができ
本当の自分を見ることができるようになります

不思議なことに
成功者と言われる人は
皆音楽が大好きなのです。

音楽の持つ芸術性の高い偉大な力を信じているということもありますし
なによりも
音楽を聴いてすべて自分の人生に当てはめて
自分自身を聞くようなことをする人が多いと私は分析しています

なぜ音楽で泣けるようなことがあるのでしょうか?

音楽の中にきちんと自分を当てはめて
強く自分を見てる直視しているからではないかと思っています

今を見つめることは
自分を見つめることに繋がります

音楽を信じることは
自分を信じることにも繋がるのです

タイトルとURLをコピーしました