LINE@button

お金の心配をするからお金の心配な現実がやってくる。心配はいらない感情

この記事をたくさんの方に読んで欲しいです。ぜひシェアをよろしくお願いします。


3日ほど前から急にこのブログのアクセスが増えてきて多い時は1時間で700人近くの方に見て頂いているようです。
そうなると嬉しい反面、更新してなくて恥ずかしい部分とがまざって変な感情になります。笑

どうやらアクセスが多いのは

確実に荒れるタイトルですね。 今日ある人と会話をしていたら スマホでFacebookを見ていたら その個人のタイムラインを見ている時に その人の念みたいものを感じて 体と気持ちが重...
のようです。

以前書いた記事がこんなにもアクセスが多くなるとやっぱりうれしくなります。

日常生活をしているとやっぱり毎月気になるのがお金です。
毎月の支払いや現在欲しいものやいろいろ検討しながらお金のやりくりをするのが楽しかったり不安だったり・・・

お金がたらふくあれば本当にそのお金のやりくりもどんどんと楽しくなるはずなのですが、まだまだ使いたいお金と使えるお金とがどうしても計算が合わない場合はやはり我慢することが多くなったり、使ってしまった後に後悔をしてしまう場合もあったりするのではないでしょうか?

これは私だけではなく多くの方が心配してしまう悩みだと思います。

そしてそれが会社や個人経営者でしたらさらに強く身近なものに感じると思います。

お金は天下の回り物
お金の心配はするなと言われてもやっぱりその不安から逃れられないのではないでしょうか?

スポンサーリンク

お金が足りなくなるが不安で仕方がない


あれも買いたいしこれも欲しい・・・
今月出費が多くて月末まで大丈夫かどうか不安だ・・・

そんなお金の不安は毎月毎月差し迫ってきます。

本当に裕福な暮らしをしている方もしくはあまり物欲などのお金をかける機会が少ない人はそういう不安はないのかもしれません。

私なんかAmazonのショッピングサイトを見る度に欲しい本をブックマークしては
「これは来月買うぞ」
「これは再来月買う」
一円の中古本ないかなとめちゃくちゃ探しまくります。笑

そういった物欲だけではなくて家族を持ってるだとか毎月の支払いがあるだとかでお金を心配する方は多く存在すると思います。

お金が心配なれば現実問題何を削って何に使えばいいか?考えながら残金を計算しながら使って行きます。

お金が心配になればなぜか不思議なくらいさらに心配度が増してきてご飯が美味しく無くなったり、夜眠る前にまたお金の心配を思い出して寝つきが悪くなったり・・・。

お金だけでこんなにもメンタルがやられてしまいます。
スポンサーリンク

占いがいつも最下位


朝のニュース番組の最後の占いで毎回毎回私だけがいつも最下位になるという方に出会った事があります。
その方は自分は朝が忙しくてなかなかテレビを見る時間がないのだがたまに見かける占いのコーナーで
7割8割近く自分の星座が最下位になることが多いとその番組へのクレームを話してくれました。

でも、そんな偏った占いなんて絶対にあるわけないんです。

番組でやってる占いは最下位の時もあれば、最上位の時もあるのです。

これはその方の覚え方なのです。

運勢が良い時は覚えなくて、運勢が悪いときはそこに感情を乗せてしまって脳の中に記憶するようにしてるのです。
悪い部分だけを記憶して良い部分を記憶から排除している状態が
この方の「いつも自分は最下位」という結果です。

人と比べることはあまり良くはないことですが、忙しいほどの仕事があって住む家があって、その番組が映るテレビがあることは地球上から考えればある意味幸運の持ち主です。

お金を心配することは無意味


急に占いの話で脱線してしまいましたが、お金を心配することも私自身あまり意味がないのではと思っているのです。
かといってお金がきびしい時にバンバン使いなさいという話ではありません。
きちんとやりくりすればいいだけの話でそこに心配を持ってくると生活や感情まで奪われ自分自身の笑顔が減ってくるのではないかと思っています。

考えること思考というのは本当に良い方向で使えば良い働きになるのですが、悪い方向で使えば本当に生活や心までも侵されていく悪い働きになります。

お金を心配することで占いの最下位と同じように常に印象づけられ何をするにも不安や心配事が増えていき何を買ったとしてもその価値を存分に得られるような環境がなくなります。

せっかく買った本がお金の心配と共に買ってしまったら自分の中の価値や考え方や智恵の吸収が100%できないのではないかと思います。

例えば主婦だったら新しい鍋を買った時にお金の心配と一緒にその鍋を買ったら
鍋の良い部分を見るのではなくて、自分の買い物失敗してないからとか本当に金額にあった鍋なのかなとか最終的には鍋の悪い部分を探してしまう状態になってしまいます。

そうなるとせっかくの鍋ももったいなくなり、次から何かを購入する際もお金の心配からモノを買う心配までどんどん心配事が増えていきます。

そうなるとお金に支配されてさらにもっともっと心配事や不安事が増えていきます。

本買ったとしてもその方の価値を120%吸い取るのは自分であって
鍋を買ったとしてもその鍋の使い方で美味しい料理ができるのは自分の料理の魅せどころであってその鍋には罪はありません。

お金の心配をするとお金の心配な現実がやってくる


引き寄せの法則でよく言われていることです。
心配や不安ネガティブな感情はできるだけ考えないようにする。

小さな心配からまた小さな心配を探して、そのまた小さな心配からまた新たな心配を探す。

感情から生まれる出来事は雪だるま式に膨れ上がってどんどんと膨張していきます。

心配事はどんどん増えると誰でも嫌になります。

お金の心配よりもまずは自分の生活の中で感謝できることを探したり愛情を育むことに目を向けると
またそれが雪だるま式にどんどん大きくなっていって自分の幸せ感が満たされるのではないかと思っています。


この記事を読んだ方にお願いがあります。
今月私謝花は資金繰りがきびしいので
どうかお金を貸して下さい。笑


The following two tabs change content below.
生まれつきの進行性脊髄性筋萎縮症で車イス生活をしています。進行性脊髄性筋萎縮症とは全身の筋肉が日々衰えていく難病です。 自分の言葉や想いを文字にし、ブログで独自の世界観を表現していきます。 詳細は→プロフィール
スポンサーリンク
コメントの入力は終了しました。