自分を生きることから始めよう!本当の自分らしさを追求する生き方とは

この記事をたくさんの方に読んで欲しいです。ぜひシェアをよろしくお願いします。


あの人はなぜかどんどん夢を叶えている・・・
自分が理想とする生活をあの人はなぜこうも簡単にできてしまうのだろうか・・・

他人と自分を比べることはいけない事だとわかっていてもついつい自分の夢や理想と現実とのギャップに押しつぶされそうになる。
自分はこんなにも頑張っているのになぜ上手くいかないのだろうか・・・
あの人はそんなに努力しているように思えていないのになぜこんなにも楽しい事や嬉しいことで毎日が溢れているのだろうか?

ついつい思ってしまいがちなこんな感情を持っていませんか?
そして落ち込んで自信を無くして何かわからないビクビクした感じの恐怖感に包まれながら感情をころした日常に戻っていく・・・

自信を無くした時ってなぜだかわからないけど恐怖感や不安感を感じ
何に対してもビクビクした感じでどんなに笑顔が大切だとわかっていても、どんなに楽しもうとしてもそのビクビクが勝ってしまい自分の中ヘ中へと塞ぎがちになってしまう。

そうすると人と話すことが上手くできなくなって
人と話すことが上手くできないと他人を傷つけるのではないかと思い他人とのコミュニケーションを極力避けていく
他人とのコミュニケーションを避けていると自分には価値がないのではないかと勘違いをし自尊心をどんどん下げてしまう。
自尊心を下げると自分のやることなすことがすべてダメな方向にいくのではないかと行動さえも起こせなくなってしまう。
行動が起こせなくなると楽しいことは激減し笑うことも回数がどんどん減ってゆき自分は生きていていいのかと最終的には考えてしまう。

スポンサーリンク

他人を生きるのではなく自分を生きよう


どんなに人の話で口酸っぱく自分らしい生き方がすべてだと言われても、自分が理想としている人を見つけては羨ましがったり、その人に憧れを抱く。
それは理想とする生活だけではなく、その家族構成や環境や所有物までもすべて欲しいと思ってしまう。

そんな他人を羨ましがったりしている時は自分という存在価値を自分自身でとても低く見積もっているのだ。
自分には価値がなく、自分の環境や自分の家族までも悪いように考えてしまう。
自分のすべてを捨てて上手くいっている誰かを生きてみたいとすべてを投げ捨てるようなそしてすべてから逃げたいような感覚におちいる。

でもよく考えてみよう
本当に明日から自分が別の誰かに生まれ変わるとしたら本当に本当に嬉しいのだろうか?

今の家族とは家族ではなくなる
今の友達とは友だちではなくなる
今の職場での同僚も冗談や助けてもらった事も助けた事もすべて消え去る
今まで起こってきたことすべてがゼロに戻る

俺は絶対に嫌だ。

今の家族がいいし、今の友達が大好きだし、今の人間関係そして繋がりが最高に愛おしい
そんなふうに思うと自分がどれだけ大切な存在か強く感じることができる

自分は最高に恵まれている

自分はなぜ自分をもっと愛することができないのか?

もしかしたら自分が世界一幸せな環境そして幸せな自分を生きているのかもしれない
それに気付くことができたらすべてが愛おしくなる。
スポンサーリンク

もっと自分らしく生きたい


すべてに感謝しなさいなんて命令はしない。
本当の自分の自分らしい生き方をした時、すべてに感謝が勝手に溢れ出てくるのだ。
今までの出来事も
辛かった過去も
そして今日も
今という瞬間も
すべてすべてに感謝したくてたまらない

ありがとう
本当にありがとう

自分は自分を生きていきたい
他人がどんなに100点の人生を送ったとしても
自分の人生が他人と比べて良い点数が取れなかったとしても
自分は100%出し切った自分らしい生き方が格好いいと思うから・・・

The following two tabs change content below.
生まれつきの進行性脊髄性筋萎縮症で車イス生活をしています。進行性脊髄性筋萎縮症とは全身の筋肉が日々衰えていく難病です。 自分の言葉や想いを文字にし、ブログで独自の世界観を表現していきます。 詳細は→プロフィール
スポンサーリンク
コメントの入力は終了しました。