ブログを書くこと、言葉を並べるということは本当の自分と向き合うということ

この記事をたくさんの方に読んで欲しいです。ぜひシェアをよろしくお願いします。


きっと言葉を並べることで自分の味方を作って沢山の方の承認を得ようとするその心が汚れてるのかもしれない。
きっと他の人よりは論理的思考能力が少しだけあるために物事を有利な方向へ持っていくことは簡単なのかもしれない。

でも本当は本当の自分と向き合って本当の自分の汚い部分をさらけ出すことが自分にとって一番必要なことなのではないかと・・・

誰かからの賞賛を目的とした文章ではなく
自分の中にある汚れた自分をもう一度洗い直すための文章を

自分が本当の自分に出会うために
自分が本当の自分をきちんと知るために

私は本当の自分を受け入れたい
私は本当の自分を認めてみたい

スポンサーリンク

誰かを諭すような文章は本当の自分なのか?


今まで沢山の言葉を並べてきた。
もちろんそんな言葉たちをすべて否定するつもりはない。
今までの言葉はその瞬間瞬間感じてきた本当に宝物だ。

だけれども、自分が上に立ったような上から目線の言葉たちは本当に良いのだろうかと疑問が出てくる。

もちろん自分が自分に向けて放った言葉たちもある。
自分がまた同じ壁にぶつかった時、自分の言葉に励まされることだっていまだに沢山ある。
自分が誰かを助けるためではなく、
自分が自分を助けるための言葉たち。

でも時には
言葉に力が入っていなくて正しいことや正義感だけに頼った文章もある。
自分の中で逃げてるなと強く感じて自分で自分を嫌になることだって沢山ある
スポンサーリンク

感想メッセージをもらっていい気になるな


ブログを続けていると沢山の方から感想やメッセージを頂く。
中にはブログを読んで初めて涙したという方もいたりする。

本当にありがたいし本当に嬉しい。
自分の言葉が何か癒しや何か変化のきっかけをつくれたのなら本当に嬉しい。

でもそれに甘んじていい気になってまた上から目線の言葉ばかりでは私自身のためにも良くない。

良い感想を頂いた時こそ自分に甘えるのではなくさらなる高みを目指せ。
良い感想を頂いた時こそそれは本当の言葉だったのかと自分に何度も何度も問いただせ。
スポンサーリンク

私が伝えたい言葉とは


本当の自分が、飾らないありのままの自分が言葉に載ること。
それは綺麗な自分ではなく汚い部分も黒い部分もすべてさらけ出した本当の自分を言葉で表現したい。

もちろんそれを見て気分を害する人も必ず出るだろう。
謝花勇武が嫌いになる人も沢山沢山出てくるだろう

そんなことで自分にうそをついて、綺麗な自分を表現するのは本当にダサ過ぎる。

私は私でいいのだ。
どんなに人が嫌いになろうとも本当の自分を知らずしては言葉を並べる意味などない。
とにかく書くんだ
自分がすりきれるまで書くのだ。

人に嫌われることがどうした?
その前にお前はそんなに好かれてはいない。
お前が嫌いだと感情を持つことそんな暇はみんなにはないのだ
みんなは自分を生きている
お前は勝手にお前を生きれ!

幸せがどうだとか味方を作ることがどうだとか世の中の正しいことにすべての思考を奪われて自分をなくすことのほうが何よりも切ない。
幸せかどうかなんて誰かが決めるわけでもない。
そんな小さな舵取りさえも誰かの目線を気にして取れないのだったら生きてる意味など本当にあるのだろうか?

私や私なりの生き方がある
私には本当の私しか知らない心から出る言葉たちがある。
それをここに書き綴るのだ。
そして本当の自分を自分で受け止めるのだ。

お前に永遠の時間があるのなら始めるのはいつだって良いだろう。
お前だけではなく人間に永遠の時間なんてあるのだろうか?

自分を吐き出せ
もっと奥の自分を吐き出せ

まだ自分でも知らない自分が絶対にあるから
まだ自分でも知らない言葉が絶対にあるから

お前が生き方は言葉が教えてくれる。
お前の言葉は生き方そのものだ。

The following two tabs change content below.
生まれつきの進行性脊髄性筋萎縮症で車イス生活をしています。進行性脊髄性筋萎縮症とは全身の筋肉が日々衰えていく難病です。 自分の言葉や想いを文字にし、ブログで独自の世界観を表現していきます。 詳細は→プロフィール
スポンサーリンク
コメントの入力は終了しました。