東京埼玉遠征は最高な時間のカタマリでした。

この記事をたくさんの方に読んで欲しいです。ぜひシェアをよろしくお願いします。


いって参りました。
東京埼玉遠征に

いやあー本当に最高の時間のカタマリでした。
すべてがすべて嬉しくて
すべてがすべて愛おしくて
たくさんの方に見守られてたくさんの方に応援してもらって本当に感謝しかありません

本当にありがとうございます

今思い返すと少し昔のような感じもしますし、かと言って脳裏にはすべて刻み込まれてる大切な時間でした
また行きたい
また来年計画して行きたい
いうなれば来月にでも行きたい
東京が埼玉どちらかで別荘を購入したい笑
今はそんな気持ちでいっぱいです。

スポンサーリンク

1日目はゆったりの移動日


初日の22日は沖縄から羽田への移動日として使いました。
やはり飛行機はなれません。
空港に着くとすぐに車イスなどの手続きをするのですが毎回時間がかかります。
電動車イスの種類や搭載しているバッテリーの種類の確認を何度も何度も行い、電動車イスのコンテナに乗せる際の寸法だとか事前にマイレージカードに掲載していても空港で何度も何度も同じ質問されます。
まあこれは障害者、車イスあるあるなのですが年に何回かしか利用しない私でも少し疲れるなと思うことを空港スタッフは毎日何度もしてるんだなと思ったらその疲れを見せるわけにはいきません。
電動車イスの種類もたくさんあるのでそれにともない電動車イスのバッテリーの種類もたくさんあるのです。
中にはリチウムバッテリーを使っている車イスもあって、リチウムバッテリーは国際民間航空機関などで航空機に持ち込みなど強く取り締まられています。
安全確保のために何度も何度も確認作業が行われるのです。
電動車イスのチェック後は本当に空港スタッフの皆さんのチカラを借りながら機内の中に入ります。

飛行機に乗ることは修行


飛行機の中は通常私が使っている車イスでは入ることができません。
機内の普通の座席に座る形になるのです。
スタッフの皆さんに私の身体を持って頂き、普通の座席に移るのです。
毎回毎回思うのですが、ほぼ初めてにもかかわらず私の痛くないようにそして安全にもち抱えてくれるそしてそれをサポートしてくれる方々に本当に感謝です。
ありがとうございます。

さて普通の機内の座席に座ると自分のポジションを決めるために毎回同行してもらうヘルパーさんにゆっくりとじっくりと座る位置を決めるのです。
今使っている車イスは自分の身体に合わせてフルカスタマイズで作ってもらっているのでどうにか痛みもなく座ることができるのですがそれが普通の座席となると謝花勇武のお尻と腰と背中と首と足と腕が火を噴くのです笑


上の写真は機内で私のお尻と腰と背中と首と足と腕が火を吹いて、とにかく体を動かしたくて前に体制を倒している状況です。笑
うなじがいい感じでしょ?笑

私が動けば感謝ができる


東京に着いたら電車を乗り継いで今回の宿上野駅近くの「サンルート”ステラ”上野」に向かいました。
駅でも空港同様にスタッフさんに感謝です。
駅と電車の間に小さなスペースがあるのですがそこに車イスのタイヤがはまらないように駅のスタッフさんが電車にスムーズに乗れるように小さなスロープで手伝ってくれます。
皆さん本当にニコニコしながら最終の乗車駅まで連絡を取り連携をとりながら私を目的地まで案内してくれます。
沖縄でもモノレールがありますが、なかなか那覇に住んでる方だと使用する機会も多いと思いますが私の場合は宜野湾市なのでモノレールを使う機会も年にあるかどうかぐらいです。

東京でもたくさんの電車に乗りながらの遠征でしたので本当に手厚いサポートに本当に感謝でした。
沖縄の私だからかわかりませんが、なかなか次の到着駅への連絡が上手くいかず1~2本電車を見送った時にはものすごい勢いで駅員さんが私に謝ってくるのです。
いや全然謝らなくて良いしむしろこちらが暑い中、本当にすみませんという感じなのです。
そして電車もあと10分も経ったらまた同じ行き先の電車が来るのにそんなに謝らなくてもというのが私の感想でした。
これが「大都会東京か・・・」と感じた出来事でした。

ホテルに着くと荷物の整理や翌日の埼玉でのライブの準備、そしてホテルの中で声を出してリハーサルをして初日を終えました。

その日の夕食はホテル近くの中華屋さんで私は餃子、ヘルパーさんは麻婆茄子定食。
スポンサーリンク

日本一暑い街、熊谷でのライブ(2日目)


2日目は今回の遠征のきっかけとなった埼玉熊谷でのライブ。
現地にたどり着くまであのニュースで見ていた日本一暑い街の熊谷ということをあまり理解していなかった。笑

なんか私が写ることでさらに蒸し暑さが加わるような感じがします笑

いや本当に暑かった。
沖縄出身の私が言うから間違いはありません。笑
何よりも風が生暖かいのにはびっくりしました。
なんかドライヤーを当てられてるようなそんなあったかい風が吹いてくるのです。
沖縄はほとんどが海風で風が冷たいというか心地良い風が吹くのです。
風が強い日になると日陰で風だけで寒く感じる日があるくらいです。

埼玉熊谷でのライブはかわいいサミットというイベントでのライブ出演でした。



かわいいサミットは福祉関係の皆さんが手づくりで作った雑貨や飲食物、絵画などを飾ってあったり本当にたくさんのかわいいが集まったイベントでした。

中でもびっくりしたのが下記の絵画です。


この絵画は利用者さんが書いた絵画で描きたいと思った風景の場所に一日8時間くらいの1週間通ってずっと見続けるそうです。
そして脳内へインプットして3日~5日くらいですべて書き上げるそうです。
なので何か写真を撮ってそれをもとに描くのではなく自分の脳内にインプットした風景をキャンバスに移していく作業をするそうです。
電線や小石の位置まで鮮明に描くように本当にすごいです。
本物の絵画を目の前にしたら鳥肌ものでした

ゆるりとした心地よいライブ


そうだったそうだった
メインはライブでこの会場に来ていたのでした。
ライブもかなり盛り上がり、途中でお客さんから質疑応答みたいな謎の時間もありましたが皆さん温かく手拍子をして頂き本当に最高の時間にした。
中には群馬県から3時間かけてConstantGlowthに会いにきたという方もいらっしゃったり本当に幸せ者だなとつくづく感じました。


私のライブ終了後は、ゴールドコンサートで去年一緒にゲスト出演した「森圭一郎」さんと一緒にトークライブもしました。
森さんはやっぱりイケメンでした。
森さんの追っかけもたくさんいてそれも頷けるイケメンさとトーク力と何よりも歌がものすごく良いのです。
あのハイトーンボイスを聞いたら私が女性だったらイチコロです


かわいいサミットのスタッフさんも皆さん良い方ばかりで焦らずにゆったりと自分たちの希望の方向へ進むようなそんな感覚があり、すべてのことを楽しんですべてのことをアートするようなすごくなんか哲学のような考えさせられる人と時間と場所でした。
また来年も行きたい
いや呼んでください
絶対に沖縄から行きます


その日は埼玉から上野まで早めにホテルに帰りました。
3日目はすごいスケジュールなのでそのために体を休めました。
スポンサーリンク

激ハードスケジュール、プロモーション、講演会、ライブ(3日目)


3日目は今回の遠征の旅費を稼ぐために空けていた日です。
このブログでぜひライブや講演会をさせてくださいとお願いしたところたくさんの方の声を頂き本当にライブと講演会が決まりました。
あまりにも嬉しすぎてぜひよろしくお願いしますといったはいいものの、決定して各場所を調べてみると結構はなれてるのを知ってあとからビックリな感じです。
でも行けなくはない
いや、今の私に声をかけてくださったのだから絶対に行くと覚悟決めて挑んだ日です。

まず始めは銀座でプロモーションです


以前からお世話になってるピンクにーにーに案内して頂きました。
はじめに沖縄観光コンベンションビューロー東京事務所。
沖縄の観光や沖縄の芸能、沖縄のイベントや沖縄のあらゆるものを情報発信する会社です。

特に観光やイベントがメインでいろいろ掲示されていましたが沖縄のアーティストの紹介のパンフレットなどもあり、何か大物になった気分になりました笑

そこではConstantGlowthの紹介と無料配布CDプロジェクトの説明などをさせて頂き、東京事務所でも配布していただける約束を頂けました。
所長様を本当に優しい方でゆっくりとお話を聞いてくれて、本当に良い人だなと思いました。


次に向かったのが銀座のわしたショップ。
沖縄のおいしいものが集まったお店です。
おいしいものだけではなく、民芸品や着物や三線、焼き物やシーサーなども取り扱っています。

そこで副店長さんとお話することができ無料配布CDも店内で自由にとってもらうようなコーナーを作ってもらえるようお願いしてきました。
店長含め全員で話し合い前向きに検討するとのことでした。

スポンサーリンク

講演会会場へ


ホテルの上野から銀座の有楽町駅でプロモーションしてそこから講演会の場所に向かいました。
大田区の大森駅からバスを乗り継いで「喫茶れもん」さんまで
最近は電動車イスのレバーを触る力の少しずつ落ちてきていて細かい運転が難しくなっている中バスに乗るのが結構大変でした。
運転手さんやお客さんも優しく見守ってくれていましたが、バスの中はとても狭くできるだけ人の邪魔にならないように幅寄せしてそしてまた出入口に向かって下車しないといけないのが少し面倒でした。
そんな中どうにか電車とバスを乗り継いで現地に到着しました。


かなり雰囲気のある喫茶店で本当にゆったりでき落ち着ける空間でした。

ここでは「手話ダンスゆたか」の先生そして生徒さんが私の講演会を企画して頂きました。
手話ダンスの練習風景も見させて頂いたのですが、皆さんお母様方ばかりであっちでもおしゃべり、こっちでもしゃべり、そっちでもおしゃべり、いつ始まるんだろうと見ていたら曲が流れたとたん皆さん静かになってみんなが1つになるのがなんかすごく感動的でした。
手話ダンスをとてもしなやかで言葉一つ一つを大切に伝えているような感じがしてこれは私も見習わないといけないなと強く思いました。

もらい涙の講演会


そしてすぐに講演会会場に移動したのですがそこでもあっちでもおしゃべり、こっちでもおしゃべり、そっちでもおしゃべり・・・しまいには私のアイスコーヒーが来てないだとか収拾がつかない感じだったので「俺講演できるかな・・・」と不安になっている中、時間きっかりにしゃべりだすとすぐさま静かになるという、何かお母さんパワーをもらったような感じでした笑

講演では自分の生い立ちや車イスだけれども落ち込むこともなく前向きに活動している様子や今回は特に私の母親の話をメインに話しました。

講演会始まって5分もたたないうちに今回付き添いのヘルパーさんがなぜか号泣していてそれにつられてお客さんも涙うるうるしてなんか知らないけど結果的に感動の渦みたいなものができていました。

「喫茶店れもんで感動的な講演会になったのは私のおかげかもしれない」とヘルパーさんは言ってました笑
そして先生にぜひ「さくらはまだか」の手話ダンスも考えてくださいとお願いして約束しました。
それができた時にはまた喫茶れもんに行かなければ!


講演会を終えた後は今度は府中市でのライブです。
本当は講演会終了後皆さんといろいろお話したかったのですが、次のライブの移動のためにそれが叶わはなかったのが心残りです。

沖縄食堂みやらでのライブ


バスと電車を乗り継いで府中市にある「沖縄食堂みやら」でのライブです。



今回の遠征でブログやいろいろなところでライブをさせてくださいと告知したところ一番初めに決まった場所です。
いろいろな方から「府中市は遠い」「お客さん集まらないよ」だとかいろいろ言われていました。
それでもメールで店長さんとやりとりする中で本当に人の良いのが伝わってきて絶対ここでライブをすると心に決めてました。


ライブはチャージ無しの投げ銭方式で2部構成で行いました。
2部構成のライブなのですが2部連続で聞いてもらう方にも飽きさせないよう沖縄の歌などを準備してきました。
いつもはメンバーがいるので楽譜を渡して伴奏してもらうのですが、今回はひとりなのでそれもできません。
なので前もって沖縄で音源を作ってそこに臨まないといけないので結構準備が大変でした。
まぁ何よりもメンバーがいないというのが心寂しい部分があったのですが・・・
本当にメンバーに感謝です。
いつもありがとう

知らない地で満員のライブ


ライブはフタを開けてみたら満員状態でした。
こんなに幸せな男はいません。
知らない土地でライブを企画してお店を満員にするなんて決して自分のチカラではありません。
たくさんの方の応援やサポートのおかげで本当に自分は音楽ができているならと強く強く、強く感じました。


特に同じ車イスでありながら子育てして主婦をしているゴウデンさん。(奥の白いTシャツ)
毎回東京でライブする時には絶対に顔を出してくれて家族全員で応援してくれて本当に感謝です。
そして今回のみやらでのライブでは友だちを10人以上も呼んでもらって新しい出会いもサポートしてくれました。
本当にありがとう

ゴウデンさんの娘はさくらはまだを自然に口ずさんでくれるようで感謝しかありません。


娘さんが書いてくれた謝花勇武です。笑
めっちゃハゲそう・・・何でバレたのかな・・・笑


お客さんの中には新潟からわざわざこの謝花勇武のこのライブのためだけに来て頂いた方もいます。
新潟から来てくれた後藤さんはフリーハグの動画を見てそこから音楽活動知って頂いた方です。
めっちゃ俺グローバルかもしれません。
そして後藤さんめっちゃ美人!
後藤さんも遠いところから本当にありがとうございます。


その他本当にたくさんの方にきて頂き本当に幸せなひと時でした。

東京の永峰玲子さん、無料CDをものすごく配ってくれて桜見のイベントでもお客さんに配って頂きました。話は変わりますが娘さんのかのんちゃんがめっちゃかわいい

車イスの岡本さん、着ている洋服も靴もすべてオシャレだし車いすの一つ一つもオシャレでした。見習わなければ
スポンサーリンク

東京のヘルパーさん、はじめは付き添いで私のライブに来ていたのですがそこから応援してくださり今回もお客さんとして来て頂きました。本当にありがとうございます。

沖縄食堂みやらの常連さん、私のライブのチラシを見て予約してまで聴きにきてくださりました。ライブ途中指笛までして盛り上げて頂き本当に感謝です

沖縄食堂みやらのオーナー松山さんと店長さん、今回はほんとにほんとに温かく歓迎して頂き本当に感謝です。オーナーさんの「お前は真面目過ぎる!酒飲んでもうちょっと気楽にやりなさい」という言葉に甘えてお酒を3杯も頂きました。ライブ終了後は腹減ってるだろとマカナイまで頂きそしてそして投げ銭まで頂き最後にはお店限定のTシャツまで頂き、至れり尽くせりでもうメロメロでした。しまいには付き添ってくださっているヘルパーさんの分のTシャツも頂きもう足を向けて寝られません。笑
今回急なお願いにもかかわらずライブの時間を取って頂き本当にありがとうございました。
絶対絶対またみやらに帰ってきます

本当はもっともっとたくさんの方にきて頂いていて写真もいっぱい撮りたかったのですがなかなか取れずにそれが心残りです。
また絶対沖縄食堂みやらでやりますのでそのできもぜひ応援よろしくお願いします。

そして府中市からホテルの上野まで帰りました。泣

ゆったりと観光そして飲み会(4日目)


4日目はゆったりと起床してホテル近くを散策しました。
あっちなみにですが遠征で初出産できました。笑
今回クラウドファンディングで頂いた資金で購入した介護リフトで無事産み落とすことができました。
本当に感謝です。

【過去記事】今までトイレを我慢していた。だから食事と水分も極力減らした。その現状を変えたい・・・

今回は埼玉のイベントのための遠征でしたので埼玉に1本で行ける上野駅近くで宿をとりました。

上の写真は知る人ぞ知る私のM文字開脚マシンです。笑

午後過ぎにゆっくりと上野公園を散策しながらミーハー私はパンダを見てきました。
しかしパンダを見るためにはあの行列に並ばなければ行きません。
暑い中1時間以上行列に並び、本当に気を失ってぶっ倒れそうでした笑
もしかしたらライブや講演会よりも体力を使ったのかもしれません。


暑さでぼーっとしている時の写真

その後は夜から東京のピンクにーにー主催の飲み会に参加。
初めて会う人がほとんどで今後もっと繋がっていけばいいなと思いました。

飲み会の全員で1枚

東京埼玉遠征のまとめ


たくさんのところで歌い、たくさんのところでお話をし、たくさんのところでいろんな人と出会い、本当に私は人に恵まれているなと強く感じました。
今回の遠征を感謝してもそれを表現できないくらい巨大な感謝があります。
私が何かをするということは表現は悪いですが多くの人に何らかの迷惑をかけなければなりません。
決して私1人だけのチカラでは東京や埼玉に行くこともただ歌うことでさえもできません。
もしも私が自分ひとりだけのチカラで音楽をやってる、音楽ができていると勘違いしている部分があるのでしたらすぐにでもその鼻をへし折ってください。

私はいろんな人に迷惑をかけながら、いろんな人と一緒に夢を叶えていきたい。

ぜひオファーください。
全国各地どこへでも行きます。
歌も歌います。講演をします。
そして無料CDも配ります。


ライブ、講演の依頼はお問い合わせフォーム

無料CDの申し込みは無料でCDあげちゃいます!CDを販売するのではなく無料で配布するプロジェクト


帰りの空港でエレベーターに乗ると3歳児くらいの男の子が「違うベビーカーが来たよ」と言われました。
下の写真はベビーカーが似合う40歳中年男の写真です。


The following two tabs change content below.
生まれつきの進行性脊髄性筋萎縮症で車イス生活をしています。進行性脊髄性筋萎縮症とは全身の筋肉が日々衰えていく難病です。 自分の言葉や想いを文字にし、ブログで独自の世界観を表現していきます。 詳細は→プロフィール
スポンサーリンク
コメントの入力は終了しました。